月別アーカイブ
使わなかったら、全額戻る A生命 新医療保険

「保険料が戻るのであ~る」というCMでもおなじみの「還付型医療保険」。A生命の医療保険です。元々、生命には「掛け捨て型医療保険」という医療保険があるのですが、「掛け捨て型医療保険」に「R」(Return:戻る)が付くと、将来保険料が戻ってくる可能性がある、という医療保険になります。

「還付型医療保険」の特徴

「還付型医療保険」の特徴は「70歳時点で、それまで支払った保険料が戻ってくる(ただし、入院や手術をして保険会社から給付を受けた場合は、その給付金額を差し引いた額が戻ってくる)」というものです。お金が戻ってくるという医療保険は他の保険会社でもありますが、「還付型医療保険」の面白いところは、保険料が戻ってきた70歳以降も保険料、保障内容はそのままで一生涯継続できる点です。

「掛け捨て型医療保険」と「掛け捨て型医療保険」の比較

「還付型医療保険」は将来お金が戻ってくる分、「掛け捨て型医療保険」よりも保険料は高くなります。30歳、男性の場合を例にとり、両者を比較してみると下記のようになります。

掛け捨て型医療保険:1,735円
還付型医療保険:2,880円
差額:1,145円

仮に90歳まで保険料を支払ったと仮定します。掛け捨て型医療保険の保険料の総支払額は1,249,200円です。一方、還付型医療保険は70歳時点でそれまでに払った保険料1,382,400円が戻ってくるため、保険料の総支払額は実質的に691,200円となります。

70歳までで計算すると、還付型医療保険の実質保険料は0円となります。

FPに無料相談してみたい方はキャンペーンサイトをご覧ください!
お得な特典もございます!!


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事